レシートチェックの活用法

  暮らしのやりくり節約術〜節約知恵袋 
豊かな暮らしを、ちょっとした知恵と工夫で手に入れましょう。
あなたの生活を楽しく、より良いものにしてみませんか?
暮らしのやりくりでハッピーライフをお手伝いする情報サイトです。

  TOP>レシートチェックの活用法


レシートチェックの活用法で買い物上手に

スポンサードリンク
暮らしのやりくり買い物をして、お会計を済ませたときにレシートを受け取りますね。
中には、レシートは受け取らないわという人もいるかもしれません。
そんな方は、すぐにレシートを受け取る習慣を身につけましょう。

レシートの中には、やりくり生活に向けていろいろなことを教えてくれていることがあります。
節約上手になるためには、まずレシートチェックの活用法を覚えたいものです。

レシートに書かれてあることは、いつ、どこのお店で買ったのか、買った商品と値段はいくらだったのかなどです。

たとえば、割引商品を買った場合、どのくらい割引されているか、ちゃんと割り引かれているかなどが気になったことはありませんか?
せっかく見つけたお得なものを買ったのに、割り引かれていなかったなんていうことがないとは限りません。ちゃんとその場でチェックするようにしましょう。

そのほかにもレシートチェックのポイントはいくつかあります。
これは、家に帰ってからゆっくり見直してみましょう。

本当に必要なものを買っていますか?
これはいらなかったかも・・・と思うものはありませんか?
買った値段は底値に近い納得できる値段ですか?
いくつも同じものを買っていませんか?
お菓子やデザートの買いすぎはありませんか?
冷蔵庫を見てかぶってしまったものはありませんか?

レシートチェックをしてみれば、ついつい買いしてしまったり、特売品だからといってたくさん買い込んでしまっていたり、好きなものを好きなだけ買ったりしていれば、すぐに見つけられるでしょう。

そして、必要だった買い物以外の値段の計算をしてみましょう。
思わぬ金額に驚いた人はいませんか?
ちょっと考えて買い物をするだけで、余計な買い物を控えるきっかけになるものです。このレシートのチェックを繰り返すことで、自分の買い物の特徴やクセにも気づけるかもしれません。

そして、レシートは買った商品が書かれているので、食材の在庫表がわりに見やすいところに貼っておくこともお勧めします。
また、細かな家計簿は書くことだけで疲れてしまうことが多いので、レシートで家計簿の代わりをすることもできます。

細かな項目はレシートに書かれているので、どれだけ使ったか、残金はいくらかを計算するだけでいいのです。買ったものの底値を調べることもできますね。

レシートチェックは必ず行うように習慣づけ、家計の見直しにぜひ活用しましょう。
節約術
スポンサードリンク


●節約上手になるために
家計の見直し・収入と支出
自分にあったやりくり方法
●買い物を工夫しよう
買い物の仕方を工夫することでやりくり上手になるヒント集
やりくりのポイントは買い物
節約上手な買い物の心得
スーパーの上手な利用法
商品の底値をチェックしよう
ポイントカードの有効利用
電子マネーの有効利用
レシートチェックの活用法
●食費のやりくり節約術
まずは節約しやすい食費からやりくりを始めてみましょう
節約しやすい食費から
冷蔵庫と食材の整理をしよう
上手な食材の保存方法
食材を無駄にしないメニュー
インスタント調味料から卒業
手作り食材で美味しく節約
子供のおやつも手作りで
●光熱費のやりくり節約術
電気・ガス・水道など光熱費のムダを省いてやりくり上手
待機電力と電気代の節約法
節電の電化製品の使い方
電気代節約の冷蔵庫使用法
暖房費節約に湯たんぽ復活
ガス代節約のお湯の使い方
キッチンでのガス代節約法
水道代節約の水の使い方
●ひと工夫のやりくり
ちょっとしたひと工夫で上手なやりくり
クレジットカードの活用法
化粧品の節約手作り化粧水
●リンク・その他
暮らしに役立つリンク集
プライバシーポリシー

Copyright(C) 暮らしのやりくり節約術〜節約知恵袋 All Rights Reserved